ウェディングドレス試着①

結婚式の日取りが決まり、早速ウェディング会社のワタベウェディングと打ち合わせが始まりました。

結婚式まで半年を切っているからと、まずは衣装合わせをすることになりました。

衣装合わせ当日の流れ

  1. カウンセリング
  2. システム説明
  3. 実際に見てみる
  4. 実際に着てみる

カウンセリング

個室に案内され、カウンセリングシートの記入からスタートでした。

  • どんな雰囲気が好きか
  • どんなタイプが好きか
  • セミオーダー or レンタル
  • 予算

私はウェディングドレスのイメージが湧いていなかったので、ここで既に迷いました。

ドレスコーディネーターの方と話しながら、どういうドレスが合いそうか一緒に考えてくれました。

システム説明

ワタベウェディングの衣装は、セミオーダーとレンタルがありました。

セミオーダーは、自分の体型に近い号数のドレスを、さらに自分用に細かくサイズ直しされたものです。

メリットピッタリのサイズ感、手元に残る
デメリット体型が変わるとまずい、レンタルより数万高い

レンタルは5~9号、7~11号、9~13号などサイズに幅があり、安心して選べました。

メリットセミオーダーより数万安い、少しなら体型が変わっても大丈夫
デメリット手元に残らない、空きがないと借りられない

私はレンタル一択でしたが、セミオーダーだけ対応のドレスもあり、ほんの少し揺らぎました。(笑)

実際に見てみる

ここまでで、レンタルできるAラインorプリンセスラインと選択肢を絞りました。

それをもとに、タブレットでドレスの画像を見て、気になるものをピックアップしました。

ドレスがたくさんかかっているフロアへ移動し、ピックアップしたドレスの実物を見せてもらいました。

画像とはやっぱり印象が違う!どれも素敵なのはもちろんですが、素材感や光沢感が違って、目移りしました。

高くてゴージャスなドレスから見せられ、シンプルなドレスは寂しく感じました。これはうまい商法ですね😅

実際に着てみる

実物を見た中から、さらに気になるものを選び、個室へ戻って実際に着てみました。

ブライダルインナーを付けてもらい、イメージしやすいように髪も簡単にセットしてくれました。

ドレスを着て、ティアラなどのアクセサリーも付け、いざカーテンオープン。

私は優柔不断で決められない自信があったので、一緒に来た母とてつに見てもらいました。

ドレスコーディネーターの方に勧められ、色んな方向から写真を撮って比較しました。

どんなドレスを試したかは、次の投稿へ☺️

感想

初めてウェディングドレスを着てみて私が感じたのは、

  • 心配していたより綺麗に見えた
  • 想像通り苦しい
  • やっぱり重い
  • 歩きにくい

でした。体型にコンプレックスがあり、すこし憂鬱なまま当日を迎えましたが、素敵なドレスのおかげで思っていたよりマシに見えました。(笑)

ただ、ブライダルインナーの締め付けはなかなかで、ぽっちゃりな私は肋骨が折れるかと思いました😂

下調べをしていなかった私には、ブライダルインナーの値段も衝撃的でした…

プリンセスラインのドレスでは、中のパニエもボリュームがあるタイプなので、さすがに重さを感じました。

重いドレスに加え慣れないヒールで、当日うまく歩けるか不安になりました。

3人の意見が一致し、ドレスを無事に選ぶことができて一安心。

あとは、本番までに二の腕と背中をもっと引き締めないと!

試着画像を見て、毎日気合い入れたいと思います😅

コメント

タイトルとURLをコピーしました